FC2ブログ
中学受験に出た(出そうな)国語の「難しい言葉」をご紹介。これで中学受験難語対策はバッチリ。語彙力をつけて志望校に合格しましょう! また、中学受験のお役立ち情報もご提供しています。執筆はプロ家庭教師アカデミア21。

2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

今年は世界天文年。天文関係はしっかりおさえておきましょう。

というわけで、CDを聴いて惑星の学習をしましょう。今回は、ホルスト作曲『惑星』をご紹介します。

『惑星』は、イギリス人作曲家ホルストが惑星を題材として作った組曲です。地球を除く7つの惑星それぞれが1つの楽章になっています。

例えば、火星は「戦争をもたらす者」。戦争の神が宿る星です。地表の酸化鉄のために赤く見えるから炎を連想させるのですね。この曲は不気味な重低音から始まり嵐のように盛り上がって終わります。曲のイメージと惑星を結び付けて覚えていくと、各惑星の記憶も確かなものとなるでしょう。

「曲の完成が1916年なので、冥王星は含まれていない・・・」とライナーノートに書かれていることが多かったのですが、冥王星は準惑星に格下げとなって結果オーライとなりました。曲に含まれている惑星をすべて覚えればOKです。

また、7楽章のうち「木星」(ジュピター)は平原綾香さんが日本語の歌詞をつけて大ヒットしましたので、お子さんもご存知かもしれません。ちなみに、彼女は洗足学園中の出身だそうです。



↓応援をよろしくお願い致します。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へFC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する