FC2ブログ
中学受験に出た(出そうな)国語の「難しい言葉」をご紹介。これで中学受験難語対策はバッチリ。語彙力をつけて志望校に合格しましょう! また、中学受験のお役立ち情報もご提供しています。執筆はプロ家庭教師アカデミア21。

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

 今回からは、お子さんに最適な中学受験のための【塾・家庭教師の選択】に
ついて考えてみたいと思います。

これから塾を探そうという方、転塾を検討なさっている方のご参考になれば嬉
しいです。


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
  塾等の種類と特徴
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 まずは塾等を選ぶときにどのような選択肢があるのか、大まかな分類をする
とともに、その長所短所をまとめておきましょう。

人によっていろいろな考え方があると思いますが、ここでは以下のように分類
してみました。

─────────
(1)集団授業塾 
 
(2)個別指導塾 
 
(3)家庭教師  
─────────

以下、それぞれについて解説をしていきます。


●━━━━━━━━━━━━━●
 (1)集団授業塾の特徴
●━━━━━━━━━━━━━●

集団授業塾は、通常数十人程度の生徒をクラスにまとめて、

     【集団で授業をする】

形態の塾です。


全国展開している

     【大手の進学塾】

やその系列の進学塾が中心ですが、1~数校舎しかない

     【地域密着型】

や、カリスマ講師が個人運営している

     【職人型】

の塾もあります。


////////////
○~~~長 所~~~~○
////////////

人数を集めているだけに、とりあえず大きな【はずれ】はないでしょう。

料金は【標準的】です。


また、【受験情報が豊富】なのも特長です。

大規模塾なら受験情報を集める専門の部署があり、何人もの専属スタッフが
日々情報収集をしています。

有名中学の先生とも直接コンタクトをとり、時には会食をして人的な交流をし
ているような塾もあります。

また、【地元密着型の塾】ならば【地元校の入試対策】できめ細かい指導が期
待できるでしょう。

【職人型の塾】だと、先生との相性によっては【飛躍的な成績向上】がみられ
るかもしれません。


////////////
×~~~短 所~~~~×
////////////

集団授業ですので、

【個人の能力や性格に合わせた指導というのは原則ありません】。


塾のカリキュラムと方針に従ってすべてが進められていきます。よって、

     【我が子にあわせた指導】

を求めるは、基本的に無理です。


出来るだけ相性の良い塾を選んだうえで、あとは

     【我が子を塾に合わせる】

ことになります。


また、先生は専任講師から学生アルバイトまで様々です。

ご家庭では

     【先生を選ぶことはできません】

から、大手塾という看板につられて入塾したものの相性の悪い先生のクラスに
なってしまい、全然成績が伸びないということもあるでしょう。


     【科目別の成績差が大きいと適切な指導が受けられない】

のもデメリットです。

能力別のクラス分けは総合成績に基づいて行われる塾が多いので、科目間の成
績のばらつきが大きいと簡単すぎて退屈な科目や、難しすぎてついていけない
科目ができてしまいます。


●━━━━━━━━━━━━━●
 (2)個別指導塾の特徴
●━━━━━━━━━━━━━●

個別指導塾は、

     【先生:生徒が1:1~3】

と、個人指導かそれに近い形で指導をする形態です。

通常、一人がけの机をいくつか配置した校舎に生徒を集め、個別に課題を与え
て指導をします。

黒板(ホワイトボード)は使わないか、補助的な利用にとどまることが多いで
す。近頃はパソコンで動画を見せるような塾もあります。


////////////
○~~~長 所~~~~○
////////////

     【個人のレベル・進度・ニーズに合わせた指導】

をしてくれます。


先生と生徒の直接対話によって進められていきますので、理解度を確認しなが
ら指導がすすめられます。

質問も自由にできることが多いです。


////////////
×~~~短 所~~~~×
////////////

通常、集団授業塾よりも

     【時給の低い学生アルバイトが講師】

をしています。

正社員は1校舎に一人しかおらず、マネージメントのみを担当するというのが
一般的です。悪くすると、正社員が一人もいないという塾もあります。


なぜかというと、集団授業塾では何十人もの生徒を相手に授業しますが、個別
指導塾では一人か二人が相手ですから、

    【集団塾と同じレベルの講師を集めていては経営が成り立たない】

からです。

正社員も含めて、人件費を節約しないといけないのです。


アルバイトの学生は、

     【採用されてすぐその場で指導を任される】

のはごく普通のことです。通常、研修もヘッタクレもありません。


従って、

  【専門的な教授テクニックは望めず、学力や熱意に不安を感じる】

場合もあるでしょう。

その上、集団授業塾に比べると通常ご家庭が支払われる

     【時間あたりの料金は高め】

になります。


●━━━━━━━━━━━━━●
 (3)家庭教師の特徴
●━━━━━━━━━━━━━●

家庭教師は、基本的には

     【先生:生徒が1:1】

で、しかも先生が家庭に訪問して指導するという形をとります。

従って、個別指導塾とは異なり特別な施設(校舎)がありません。


////////////
○~~~長 所~~~~○
////////////

     【一人一人にあわせた指導】

をしてくれるので、学習効果は絶大です。


能力のある家庭教師につければ、

     【合格への最短コース】

となるでしょう。


また、子供が夜遅くに出歩く必要がないので、

     【時間的なロスや、事件・事故に巻き込まれる心配】

もありません。


////////////
×~~~短 所~~~~×
////////////

     【料金が高め】

です。講師は「割のいいアルバイト」感覚の学生から百戦錬磨のプロまで

     【千差万別】

です。

従って、なによりもまず

     【優秀な家庭教師と出会うこと】

が重要になってきます。


また、なかには

     【不誠実な家庭教師センターもあります】

ので、この点は十分ご注意ください。テレビでコマーシャルを流している大
手だから・・・というのは信頼の理由にはなりません。


あるいは、【自宅に入られる】ことに抵抗があるご家庭があるかもしれませ
ん。部屋の掃除やお茶出しの気遣いが嫌だという声も聞きます。

ただ、家庭教師の方は教えることに集中しているので、別に気にしていないも
のですよ!


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
  塾等のタイプの選択
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

それでは、以上の中から具体的にどのカテゴリーの塾等を選ぶべきでしょう
か?


 中学受験ならば、一般的には

     【集団授業塾を選ぶべき】

です。

塾のカリキュラムに乗っかっていけば、新出事項の導入から入試対策までお任
せで面倒をみてくれます。


 通常の

     【個別指導塾は中高校生の補習が中心】

です。


最近は大手集団指導塾も中学受験に対応した個別指導塾に参入してくるところ
も出てきましたが、まだまだ未知数。特殊な事情がない限りは、

     【個別指導塾のみで中学受験をするのは無理】

と思っておいたほうがいいです。


家庭教師は、

     【集団授業塾との併用というケースが主流】

です。


集団授業塾で一通りの学習をし、

     【弱点補強や志望校対策】

として、家庭教師のきめ細かな指導を受けるというのが一般的なパターンで
す。


あるいは、

  【低学年の頃から家庭教師に受験アドバイザーとして参画してもらう】

という方法もあります。

塾の選定なども含めて、家庭教師とご家庭が二人三脚で中学受験を乗り切ると
いうケースも多くなってきました。この方法は、経済的には負担がかかるもの
の、合格への最短コースとなるでしょう。

また、

     【集団授業になじめない生徒さん】

や、

     【6年生からの受験勉強開始】

など特殊なケースでは、

     【プロ家庭教師のみでの受験が向いている】

こともあります。このような場合は、家庭教師単独での受験も検討するとよい
でしょう。


今回は、塾等のタイプの紹介と、中学受験ではどのタイプの塾等を選ぶべきか
を考えてみました。

それでは、

     【具体的にどの塾を選ぶべきなのでしょうか?】

次回は特に集団授業塾の授業システムや教材をとりあげ、この点を考えてみた
いと思います。


【中学受験(塾・指導・勉強法)】のブログランキングはこちら!

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト