中学受験に出た(出そうな)国語の「難しい言葉」をご紹介。これで中学受験難語対策はバッチリ。語彙力をつけて志望校に合格しましょう! また、中学受験のお役立ち情報もご提供しています。執筆はプロ家庭教師アカデミア21。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日能研発行の『小学5年生からの時事問題: 中学入試によく出る (日能研ブックス)』をご紹介します。

5年生から学べる時事問題の参考書。日能研の選定した「入試によく出る時事問題テーマ20」について、テーマごとに歴史などもふくめ現代社会での問題点を解説してくれています。

小学5年生からの時事問題: 中学入試によく出る

(内容紹介)

中学入試(社会科)に頻出する「ニュース・時事問題」の対策用参考書。

大手学習塾のほとんどが、6年生の12月頃に入試前年のニュースを扱う講習を設けているが、こうした付け焼刃な対策だけでは、子どもの理解は不十分で消化不良をおこしがち。そこで、5・6年生の家庭(親子)に向けて「時事問題の学習のしかた」と「よく出る時事問題20テーマ」を解説したのが本書。

中学入試の時事問題は、「入試前年の重要なニュースを切り口として、関連する近年の動きや社会科の基礎知識を問う」という形式なので、「子どもに問題集を与えて独習させる」というやり方は難しいもの。

本書では、入試によく出る時事問題テーマ20を選び出し、テーマごとに、歴史などもふくめ現代社会での問題点を解説。楽しく読んで時事問題が理解できる。

さらに、テーマごとに出題例として入試問題を紹介し、どんなニュースがどのような設問になるのかを解説。近年よく出たニュース、来年以降よく出そうなニュースもわかる。
「入試の時事問題」の対策には、まず新聞やテレビのニュース番組で見聞きするニュースから来年出そうなものをおさえること。そして、単にそのニュースを掘り下げるのではなく、そのニュースを含む時事問題テーマを理解することが重要である。たとえば「原発が再稼働した」というニュースならば、「エネルギー(日本のエネルギー事情)」というテーマを学習しよう。

本書はこうした学習ができるように構成しました。まず、お父さん、お母さんから読んでいただき、親子でニュースとそのテーマについて話してみることがたいへん有効です。




【中学受験(塾・指導・勉強法)】のブログランキングはこちら!

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。