FC2ブログ
中学受験に出た(出そうな)国語の「難しい言葉」をご紹介。これで中学受験難語対策はバッチリ。語彙力をつけて志望校に合格しましょう! また、中学受験のお役立ち情報もご提供しています。執筆はプロ家庭教師アカデミア21。

2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

 私は【中学受験のプロ家庭教師】をしております。

そこで今回は、プロ家庭教師が説く【良い家庭教師の探し方】というテーマで
お話したいと思います。


 さて、家庭教師を探すルートはいくつかあります。ここでは、次の4つをと
りあげてみましょう。

==========================================
(1)アルバイトの大学生を探す

(2)家庭教師派遣会社に派遣を依頼する

(3)ネット紹介サイトを利用する

(4)個人のプロ家庭教師を探す
==========================================

以上の4つから、長所短所や気をつけるべき点などを解説します。


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
(1)アルバイト大学生を探す
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 近所の大学の学生課などにいくと、【学生アルバイト】の家庭教師斡旋をし
てもらえることがあります。

あるいは、近所にお住まいの大学生に直接声をかけてみると、勉強を見てもら
うことができるかもしれません。


このような方法で【アルバイトの大学生にお願いして勉強を見てもらう】とい
う手があります。


そのメリットは【安い】こと。

地域にもよりますが、時給2千円というところでしょうか。それでも学生から
みると、アルバイトとしては高い時給なので人気があります。


しかし、そこは学生さんです。

専門的な知識が要求される【中学受験】の問題に対応できず、教えるどころか
問題の意味さえ分からない・・・などということは、素人の大学生では当然の
ことです。

例え本人が中学受験をしていたとしても、もう何年も前のことです。第一、問
題が【解けることと教える事とはまた別物】です。

従って、専門的な技能を必要とされる中学受験に対応できる【よい家庭教師と
なれる学生さん】は、稀なものです。

ですから【中学生の補習】ならともかく、【中学受験の】アシストとしては学
生のアルバイト家庭教師はお勧めしません。


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
(2)家庭教師派遣会社へ依頼
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 家庭教師派遣会社とコンタクトをとり(あるいは勧誘され)、ここから家庭
教師の派遣を受けるというスタイルです。

最初は【相談員】(=営業マン)の方が来て契約をします。

しかし、この人は家庭教師ではありません。家庭教師は、ご家庭の希望に沿っ
た人物が選ばれて、後日に派遣されて来ます。

この時派遣されて来る人物は、学生または社会人の家庭教師で、値段によって
プロ/アマ、経験年数などが選べるようになっていることが多いものです。


 派遣業者を使うメリットとしては、派遣されてきた先生に不満があれば(通
常無料で)【交代ができる】という点でしょう。

また、契約先は派遣会社ですから、何らかのトラブルがあれば会社として責任
を持ってもらえるという点です(相手がきちんとした派遣会社であれば、です
が・・・)。


逆にデメリットとしては、【とても高額】になります。

時間単価は学生で4千円~、プロですと1万円を超えることもあります。

このうち派遣会社は半分程度のマージンをとります。つまり、教えてくれる先
生に渡るのは、【お支払額の半分程度】なのです。

この派遣会社のマージンは、契約を取る相談員(営業)の人件費や、新聞・雑
誌・テレビなどの広告費用となります。


 さて、家庭教師派遣会社を利用する上での【注意点】を申し上げます。

大変残念なことなのですが、これらの会社には【不誠実な会社】が少なくあり
ません。

例えば、一見、家庭教師の単価がものすごく安くお得だと思わせながら、実は
【高額な教材を売りつけることが目的】の会社。

何十万円もの教材を売りつければ、あとはもうどうでもよいのです。家庭教師
の派遣は、教材を売るための方便にすぎないのです。

あるいは、【異常にしつこい勧誘】をする会社。しつこさに負けて営業マンを
家に上げてしまったが最後、深夜まで(日付が変わっても!)契約を取るまで
帰らない業者の話などを聞きます。


 広告をたくさん見かけるから良い企業だろう・・・というのは間違いです。
派遣会社に依頼する際は、ネット上の掲示板や先輩ママさんの情報なども参考
にしながら、十分に調査をした上でコンタクトを取って下さい。


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
(3)インターネット紹介サイトの利用
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 インターネット上でホームページをつくり、廉価に家庭教師を紹介をする業
者がいくつかあります。

指導内容等には一切関与せず、【家庭教師とご家庭をマッチングさせるだけ】
なので、紹介時のみ5千円~2万円程度の紹介料をとるだけというケースが多
いようです。

月謝の受け取りに関しても、ご家庭と家庭教師とのやり取りに任せるか、紹介
会社が継続的に関与するにしてもマージンは少ないという特徴があります。


 検索システムを持っているサイトが多いので、希望の条件で家庭教師の検索
をし、【低コストで複数の家庭教師の中から選定ができる】のがメリットで
しょう。

逆に、デメリットは【良い家庭教師に到達するまでが大変】なこと。

各サイトに家庭教師からのアピール文面はあるにしても、それではなかなか家
庭教師の実力まではつかみにくいでしょう。

そのプロフィールもあくまで自己申告で、業者による面接や試験、研修などが
あるわけではありませんから、どの程度信用できるものなのか分かりません。


 ある程度時間的な余裕があり、検索でヒットした何名かの家庭教師と面談す
る苦労を厭わなければ試してみる価値はあるかもしれません。


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
(4)個人のプロ家庭教師との直接契約
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 最後は【個人のプロ家庭教師との直接契約】です。

プロとしてやっていくには大変な努力と研鑽が必要となります。

従って【プロ家庭教師ならば大きな「はずれ」は少ない】といえます。「はず
れ」のプロは生活が出来ず、淘汰されてしまいますからね。


では、どうやって個人のプロ家庭教師を見つけたらいいのでしょうか?

受験の【先輩ママさんにご紹介】を頂くのが一番安心です。実際の指導の様子
や、その先生の性格などを事前につかんでおくことが出来ます。

もし心当たりの方がいなければ、【プロ家庭教師のホームページ】を探してみ
てください。私のように、個人でホームページを作って活動している方も多く
います。

あるいは、電話帳やローカルペーパーなどに広告が出ていることもあります。
これらを参考にコンタクトを取って、話を聞いてみると宜しいでしょう。


 個人のプロ家庭教師のメリットは、【中学受験のプロによる上質の指導】が
受けられること。また、それにもかかわらず派遣会社を通さないため、【比較
的割安】なことです。

デメリットは、お子さんとの相性が悪くて指導中止にした際は、再度一から新
しい先生を探さないといけなくなることでしょう。また、地域によっては条件
に合うプロ家庭教師を見つけることが難しいかもしれません。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 以上まとめると、中学受験の場合に家庭教師を探すとしたら、

【お勧めはプロ家庭教師との直接契約】

です。うまくプロ家庭教師が見つけられなかったり、人にお任せで探してもら
いたい場合であれば、

【信頼できる派遣会社へ依頼】

するのが良いでしょう。また、ある程度時間が取れるのならば、

【補完的にインターネット紹介サイトの利用】

も検討してみるとよいでしょう。


【中学受験(塾・指導・勉強法)】のブログランキングはこちら!

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト