中学受験に出た(出そうな)国語の「難しい言葉」をご紹介。これで中学受験難語対策はバッチリ。語彙力をつけて志望校に合格しましょう! また、中学受験のお役立ち情報もご提供しています。執筆はプロ家庭教師アカデミア21。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回ご紹介した、

2014年国語の問題で【一番多く出題された作品】はコレだ!

では、今年の国語の問題で最も多く出題された物語文の作品をご紹介しました。


今回はこれに続き、今年の国語の問題で多く出題された論説文作品をご紹介します。

あまり論説文作品が多数校で集中することはないのですが、今年は『科学的とはどういう意味か』が複数校でとり上げられていました。

科学的とはどういう意味か


今まで調査を終えたなかでは、巣鴨、江戸川取手、山脇で出題されています。

著者の森 博嗣(もり ひろし)さんは、工学博士で元名古屋大学助教授の方。でも、本業(?)はミステリー作家です。

(内容紹介)

科学的無知、思考停止ほど、危険なものはない!
「横行する非科学に騙されるな!」 元・N大学工学部助教授の理系作家による科学的思考法入門。

科学――誰もが知る言葉だが、それが何かを明確に答えられる人は少ない。しばしば「自然の猛威の前で人間は無力だ」という。これは油断への訓誡としては正しい。しかし自然の猛威から生命を守ることは可能だし、それができるのは科学や技術しかない。また「発展しすぎた科学が環境を破壊し、人間は真の幸せを見失った」ともいう。だが環境破壊の原因は科学でなく経済である。俗説や占い、オカルトなど非科学が横行し、理数離れが進む中、もはや科学は好き嫌いでは語れない。今、個人レベルの「身を守る力」としての科学的な知識や考え方とは何か。




【中学受験(塾・指導・勉強法)】のブログランキングはこちら!

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。