FC2ブログ
中学受験に出た(出そうな)国語の「難しい言葉」をご紹介。これで中学受験難語対策はバッチリ。語彙力をつけて志望校に合格しましょう! また、中学受験のお役立ち情報もご提供しています。執筆はプロ家庭教師アカデミア21。

2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

(問題)
次の語句の意味は?   「うんちく」(鎌倉女学院・大妻多摩改)



(解答)
深い知識

(用例)
彼は日本文学へのうんちくが深い

(解説)
「薀蓄」や「蘊蓄」などと書かれます(覚えなくていいです)。「蘊」「薀」「蓄」とも、「たくわえる」という意味です。主に「深く研究して身につけた知識」という意味で使われます。「彼は、動物についてのうんちくを語りだしたらきりが無い」などと用います。

役立つブログがいっぱい!⇒にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へFC2ブログランキング
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト