FC2ブログ
中学受験に出た(出そうな)国語の「難しい言葉」をご紹介。これで中学受験難語対策はバッチリ。語彙力をつけて志望校に合格しましょう! また、中学受験のお役立ち情報もご提供しています。執筆はプロ家庭教師アカデミア21。

2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

みくに出版発行の『6つのプロセスで分類した 公立中高一貫校対策問題集: 過去問の分析からわかった適性検査の攻略ポイント』をご紹介します。

6つのプロセスで分類した 公立中高一貫校対策問題集: 過去問の分析からわかった適性検査の攻略ポイント


公立中高一貫校対策問題集です。ただ問題を羅列するのではなく、合格に至る「6つのプロセス」を使って、考える力を伸ばしてくれます。

なお、同社からは『全国の公立中高一貫校の適性検査問題を1冊にまとめた2014年度受検用 公立中高一貫校適性検査問題集 全国版 (中学入学試験問題集)』も発行されています。

(内容紹介)

―過去問分析からわかった合格へつながる問題集―

この問題集の特徴
●過去4年間の適性検査の中から選りすぐった170題!
適性検査は「知識や解答技法の量を問う」のではなく「その場で考えて答える」という独特なもの。
この問題集で多くのすぐれた過去問にあたれば、「短時間に大量の資料を読み取り、考え、整理して表現する」という感覚を身につけることができます。
●「6つのプロセス」を使って、考える力を伸ばす学習ができる!
問題を「その問題を解くプロセスにおいて最も必要な視点」によって分類。
それぞれの視点を意識して多くの問題にあたるうちに、適性検査に必要な力が身につきます。

合格に必要な6つのプロセス
■条件を整理する力→与えられた情報から、条件や必要なことがらを整理する
■視点を変える力→立場や視点を変えて考えたり、具体化・抽象化して考える
■因果関係をつかむ力→現象やデータの因果関係を類推したり、根拠や理由を言語化する
■調べる・比べる力→資料の関連や特徴を読み取る。共通点や相違点、変化をとらえる
■数を操作する力→ルール従って数を操作し、必要な数値を求める
■自分で造り出す・決定する力→自分の経験や意見をもとに、新たな提案や創作を行う




【中学受験(塾・指導・勉強法)】のブログランキングはこちら!

ブログパーツ
出版社の案内はこちら
関連記事
スポンサーサイト