FC2ブログ
中学受験に出た(出そうな)国語の「難しい言葉」をご紹介。これで中学受験難語対策はバッチリ。語彙力をつけて志望校に合格しましょう! また、中学受験のお役立ち情報もご提供しています。執筆はプロ家庭教師アカデミア21。

2020/081234567891011121314151617181920212223242526272829302020/10

4月1日付、日経MJ(流通新聞)のフロント記事(1面)に学究社(ena)が特集としてとり上げられています。

かつては学習塾最大手で、業界で初めて株式を公開した学究社が輝きを取り戻しつつある。私立中学受験の生徒獲得競争激化で不振が続いていたが、2013年3月期は過去最高益を更新したもようだ。低成長下でサラリーマン家庭の台所事情の厳しさが増すことから「公立」人気の高まりを先読み。都立中高一貫校受験というニッチ市場に特化するビジネスモデルにいち早く切り替え、ニーズをとらえた。


という記事。

収益につながりにくいと言われる都立中高一貫校に特化し、ニッチな分野で存在感をみせているという内容です。河端真一社長によれば、「シェア50%を『ena』で占めることも容易」とのこと。


さらに11面では、

都立中高一貫校向け専門塾「ena」をこれまで武蔵野市など東京西部を中心に展開してきた学究社は、昨年11月以降、23区を中心とする東部に11教室を開いた。今後も東部に大量開校する計画


とのことで、個別指導塾なども含めて3年で100校の開校を計画しているそうです。今後もenaは都立中高一貫校向け専門塾として攻勢を強めるようです。

MJ最新号の主要記事から


なお、当会業務提携先の入試問題研究所では本日から公立一貫校入試対策教材の販売を開始しました。公立中高一貫校受検もメジャーな選択肢として定着してきたようです。


【中学受験(塾・指導・勉強法)】のブログランキングはこちら!

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト