FC2ブログ
中学受験に出た(出そうな)国語の「難しい言葉」をご紹介。これで中学受験難語対策はバッチリ。語彙力をつけて志望校に合格しましょう! また、中学受験のお役立ち情報もご提供しています。執筆はプロ家庭教師アカデミア21。

2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

大和出版発行の『ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕(2) 』をご紹介します。

ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕(2)

以前、パート1発行時に当ブログでもご紹介を致しました。

新刊【ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集】のご紹介

同社のホームページによれば、

生徒・保護者、読者から寄せられた「喜びの声」

○25倍近い高倍率の、しかも偏差値60を超える入試(首都圏女子校)で見事合格。2科目受験(国語と算数)だったので、国語が苦手なままだったら、その学校の受験自体考えなかったと思います。この合格は娘の大きな自信になりました(小6女子保護者)

○センター模試(日能研)の偏差値が半年で50台から60台に上がり、最高で偏差値64、四谷大塚の試験では偏差値65をとることもできました(小6女子)

○日能研の偏差値で平均44前後だったのが、1年で60近くにまで上がり、ついにあこがれの第一志望校に合格できました(小6男子保護者)

○日能研のテストで150点中148点をとり、大変驚きました(小6女子保護者)

○市の学力状況調査テストがあったのですが、読解が満点でした!(小5女子)

○入塾時には偏差値42でしたが、1年後には63まで上がりました。とくに読解問題の正答率が格段に上がりました(小4男子保護者)

○通塾から1年半。試しに大手塾の大規模なテストを受けさせてみたら、ほとんどトップに近い成績(偏差値70近く)で驚きました(小3女子保護者)


との声が寄せられているとのこと。この『ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕』の続編が発売になりました!

(内容紹介)

問題の質・量がさらにパワーアップ!
その画期的な手法で全国の親・教師、子どもから絶大な支持を集めている『ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕』待望の第2弾。
この1冊で、どの子も驚くほど学力が伸びる!




【中学受験(塾・指導・勉強法)】のブログランキングはこちら!

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト