FC2ブログ
中学受験に出た(出そうな)国語の「難しい言葉」をご紹介。これで中学受験難語対策はバッチリ。語彙力をつけて志望校に合格しましょう! また、中学受験のお役立ち情報もご提供しています。執筆はプロ家庭教師アカデミア21。

2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

小学館発行の『書いて覚える世界地図と国旗』をご紹介します。

書いて覚える世界地図と国旗


世界地理対策】ができる一冊。今年、オリンピックが開催される国は?首都は?国旗は?・・・ネ、入試問題で出そうでしょ? 同シリーズで『日本地図』『日本の歴史』も発売されています。

(内容紹介)

世界の国ぐにと国旗が覚えられる!

世界には196の国があります。でも、どの国がどこにあって、その首都はどこか? と問われて、すぐに答えられる人は多くはないでしょう。特に小学校では、6年生になって日本と関係の深い国名と首都名などを学習しますが、世界全体のことを学習する機会はありません。しかし、国際理解は社会科の重要な学習内容です。今年の7月27日には、イギリスの首都ロンドンでオリンピックが開かれます。テレビ中継やニュースでさまざまな国の名前が耳に入り、さまざまな国旗が目に入ってきます。国際理解の絶好の機会になります。その一助となるのが本書です。世界をアジア、オセアニア、ヨーロッパ、アフリカ、南北アメリカに分けた白地図に主な国名と首都名、都市名、自然地形の名称などを書きこみ、解説を読むことで覚えていきます。巻頭の口絵ページには196か国の国旗を紹介し、巻末には国旗の解説とぬり絵のページがあるので、国旗も覚えられます。付属のCD-ROMには本書と同じ内容の白地図に加え、オリジナルの世界地図が作れる白地図データ、国旗のデータも収載しています。だから何度もトライすることができます。国際理解のためのたいせつな1冊になります。




世界地理対策としてはアカデミア21作成の重要領域対策プリント【世界地理】もお勧めです。


重要領域対策プリント【世界地理】

一部の学校では世界地理の問題が大問として出題されます。これ以外の学校でも小問として世界地理の問題が出題されることは多く、しっかりと学習しておかなければなりません。当プリントでは世界の国々に関する問題、特定の国に関する問題、貿易に関する問題などを実際の入試問題から取り上げ、詳しく解説をしています。

問題採録校は、渋谷教育学園渋谷、芝浦工大柏、高輪、東海大学浦安 です。


プリントのご購入方法等詳しくは、、入試問題研究所のホームページをご覧下さい。

また、当会ホームページに、

【学校別中学入試対策プリント】

【プリントの解説】

【プリントの選択ガイド】

のご案内があります。あわせてご参考下さい。


【中学受験(塾・指導・勉強法)】のブログランキングはこちら!

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト