FC2ブログ
中学受験に出た(出そうな)国語の「難しい言葉」をご紹介。これで中学受験難語対策はバッチリ。語彙力をつけて志望校に合格しましょう! また、中学受験のお役立ち情報もご提供しています。執筆はプロ家庭教師アカデミア21。

2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

サピックスの情報誌『さぴあ』主催の【さぴあ作文コンクール】をご紹介します。

作文コンクール

課題図書を読んで作文を応募するというコンクールです。

対象は小学1~6年生。課題図書は、高学年向けが【きみの町で】、低学年向けが【くつかくしたの、だあれ?】です。1冊でも両方の応募でもOKです。

参加資格は小学1~6年生。サピックス生でなくても応募可能です。詳しくは以下のリンクをご覧下さい。

さぴあ作文コンクールのご案内

(内容紹介)

<きみの町で>
あの町と、この町、あの時と、いまは、つながっている。
初めて人生の「なぜ?」と出会ったとき――きみなら、どうする?
一緒に立ち止まって考え、並んで歩いてゆく、8つの小さな物語。
失ったもの、忘れないこと、生きること。この世界を、ずんずん歩いてゆくために。
累計20万部、生きることをまっすぐに考える絵本「こども哲学」から生まれた物語と、新作「あの町で」を収録。

「小さな小さなお話を、ミロコマチコさんの絵の助けを借りて、一冊の本に編んでもらいました。
すごくうれしいです。小さなお話でも、深い問いかけを込めたつもりです。
きみの町と、きみに思いを寄せてほしい遠くの町のお話とを組み合わせました。
ゆっくり読んでいただければ、と願っています。 ――重松清」

<くつかくしたの、だあれ?>
おとなしくてひっこみじあんのユキと、元気いっぱいのかなちゃん。ほいくえんのころからずっとなかよしでした。でも、小学校に入学してからすこしずつ、かなちゃんがはなれていってしまったようで、ユキはさびしい気もちでいっぱいでした。(かなちゃんとなかよしにもどれますように)ユキはまいにちクスノキにおねがいしました。




【中学受験(塾・指導・勉強法)】のブログランキングはこちら!

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト