FC2ブログ
中学受験に出た(出そうな)国語の「難しい言葉」をご紹介。これで中学受験難語対策はバッチリ。語彙力をつけて志望校に合格しましょう! また、中学受験のお役立ち情報もご提供しています。執筆はプロ家庭教師アカデミア21。

2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

いよいよ夏期講習が始まります。塾に通う回数も増えますね。

また、夏期講習が終わっても6年生後半になると日曜教室などで通塾回数が増えることと思います。

普通の塾で、週4~5回は塾に通うことになりますよね。


月に20回通塾するとしましょう。

小学生ですから半額運賃なので、片道100円として、

往復で200円×20日=4千円/月になります。



結構バカにできない金額ですよね・・・

そこで今回は、塾に通う際の【交通費】について考えてみましょう。


さて、みなさん運賃の支払いはどうされてますか?

まさか割引のないSuica(JR東日本の場合)じゃないでしょうね?

回数券? はいはい、約1割引きになりますね。

でも、賢いあなたは定期券ですよね?



ひょっとしたらご存じない方がいらっしゃるかもしれませんが、

通塾に【通勤定期】が利用できます。


通勤??

と思いますが、別に塾に”勤務”していなくてもいいんです(笑)

(昭和41年までは勤務先の証明書が必要だったので【通勤】はその名残だそうです)

もちろん、小児運賃の【通勤定期】が存在します。


例えばYahoo!路線情報で、定期券がいくらか確認してみて下さい

JRの場合、毎日往復する料金と比べて1ヶ月定期で約半額になります!

逆に言うと、月半分以上塾に行けば元が取れるということ・・・

さらに、3ヶ月、6ヶ月定期だともっとお安くなります!!

こりゃ、やっぱり【定期】ですよね!



あれ?

勉強しにいくんだから【通学】定期じゃないの?

と思ったあなた。

ごもっともです。

長くなっちゃったので、この続きは次回に・・・

(注)一般的にバス定期の割引率は小さく、あまりオトクにはなりません(T_T)


【中学受験(塾・指導・勉強法)】のブログランキングはこちら!

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト