中学受験に出た(出そうな)国語の「難しい言葉」をご紹介。これで中学受験難語対策はバッチリ。語彙力をつけて志望校に合格しましょう! また、中学受験のお役立ち情報もご提供しています。執筆はプロ家庭教師アカデミア21。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学受験の【本格的な】学習が始まるのは3年生からという塾が普通です。


2年生まででも、通塾コースや通信コースがある塾は近頃増えましたが、

どちらかというと【頭の体操】っぽい内容が多いです。

受験勉強というよりは、知育という感じでしょうか。

もちろん、こちらに参加されるのもいいでしょう。


ただ、それに加えて、やっておいて頂きたいことがあるのです。


きちんと文字が書けるようにしておいて下さい。



私はプロ家庭教師をしております。

ご指導をしていると、きちんと字が書けないお子さんが実に多いのです。


もちろんひらがなは書けるでしょう。でも、

書き順が変だったり、バランスが悪かったりすることはよくあります。


カタカナが怪しい子もいます。ツとシの区別がつかなかったり・・・


さて、盲点はアルファベット。

アルファベットも書けるようにしておいて下さい。

受験学年なのに「b」と「d」がごっちゃになって、4択問題が×になっちゃったりする生徒さんがいるものです。

また、「a」や「g」や「l」 は異なる書体がありますので、同じ文字だと認識できるようにもしておいて下さい。


【中学受験(塾・指導・勉強法)】のブログランキングはこちら!

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。