FC2ブログ
中学受験に出た(出そうな)国語の「難しい言葉」をご紹介。これで中学受験難語対策はバッチリ。語彙力をつけて志望校に合格しましょう! また、中学受験のお役立ち情報もご提供しています。執筆はプロ家庭教師アカデミア21。

2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

日本実業出版社発行の『できる子供は知っている 本当の算数力』をご紹介します。

著者の小田敏弘さんは、小学生のときに算数オリンピックに二大会連続でファイナル出場。その後、灘中学・高等学校から東京大学へと進学された方です。東大模試では、偏差値90以上をとったそうです!

(内容紹介)
【問題】
円周上に等間隔で並んだ8つの点があります。この8つの点から3つを選び、それらを頂点としてできる三角形は何種類あるでしょう?

こういった単純な問題でも、算数が「できる子供」と「できない子供」では答えの探し方がまったく違います。 本書は、小学校時代に算数オリンピックに出場し、東大で教育学を学んだ著者が、 ◎そういった「できる子供」と「できない子供」の違いはどこから来るのか? ◎「できる子供」は、どのような思考をたどり答えを導くのか? ◎その思考を生み出す「センス」はどうしたら身につくのか? について徹底的に考えぬき、解説した本です。 灘、開成、麻布、ラ・サールといった有名校の入試問題や算数オリンピックの問題を解きながら、算数の根幹である「数・図形・論理」について楽しく復習することもできます。 ◎「数える」と「比べる」の本当の意味 ◎できる子供は筆算を使わない ◎ツルカメ算をやる意義 ◎塾も学校も教えてくれない「問題の解き方」 など、数学好きな人が読んでも楽しめるトピックも満載です。 子供の算数の成績に悩むご両親、中学受験の算数について知りたい方だけでなく、数学ができない人、論理的思考が苦手な人にも、必ず大きな気づきがある1冊としてお薦めします。



↓ブログランキング参加中です。よろしかったら、ご投票をお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
出版社の案内はこちらから
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する