FC2ブログ
中学受験に出た(出そうな)国語の「難しい言葉」をご紹介。これで中学受験難語対策はバッチリ。語彙力をつけて志望校に合格しましょう! また、中学受験のお役立ち情報もご提供しています。執筆はプロ家庭教師アカデミア21。

2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

先日、 【九去法】有名な検算法★計算ミス防止の切り札★をお教えします として、計算ミスを検出する【九去法】をご紹介しました。

前回の練習問題(1) に引き続き、今回は練習問題(2)をお届けします。一緒に練習問題を解いて、九去法をマスターしましょう!


まず、九去法の計算方法をおさらいしておきましょう。


(1)計算問題の各数字について、各位の和を求めます。

(2)この和を9で割った余りを求めます(簡便法:答えが一桁になるまで各位の和を求める。9の時は0とする)。

(3)計算式どおりに計算して、答えが一致していないときは間違っています!


とするのでした。


それでは、今回は掛け算をやってみましょう。実は、掛け算でも加算と全く同じに計算ができます。早速、練習問題です。


練習問題(2)

次の計算にミスはないか?

338×828=279864


それでは、九去法で間違いがないかを検討してみます。まず338ですが、各位の和は14。二桁なのでさらに各位を足してとなります。

次に828です。同じように計算すると、各位の和は最終的に9となります。この場合余りはとなります。

最後に答えの279864の各位の和を計算すると最終的に9となりますから、余りは

以上の余りを計算式どおりに計算すると、5×0=0となり、上記の計算は「間違っているとはいえない」ことがわかります。


掛け算をもう一つやってみましょう。


練習問題(3)

次の計算にミスはないか?

555×721=399155


同様に各位の和を求めると、

555⇒6

721⇒1

399155⇒5

となり、6×1=5は成り立ちませんから、この計算は「間違っています!」

正しくは、400155ですね。念のため同様に各位の和を求めると6となりますから
6×1=6となり、今度はOKです。


以上、今回は掛け算編をお届けしました。練習問題では初めての「間違っています!」がでましたね。連載はまだまだ続きます。次回も乞うご期待!

次の記事はこちら⇒ 【九去法】の練習問題(3)


【中学受験(塾・指導・勉強法)】のブログランキングはこちら!

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト