FC2ブログ
中学受験に出た(出そうな)国語の「難しい言葉」をご紹介。これで中学受験難語対策はバッチリ。語彙力をつけて志望校に合格しましょう! また、中学受験のお役立ち情報もご提供しています。執筆はプロ家庭教師アカデミア21。

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

先日、 【九去法】有名な検算法★計算ミス防止の切り札★をお教えします

という記事で、計算ミスを検出する【九去法】(きゅうきょほう)をご紹介しました。


今回はその第二弾。より簡略に計算できる方法と、実際に計算をするための練習問題をご案内します。

まず、九去法の計算方法をおさらいしておきましょう。


(1)計算問題の各数字について、各位の和を求めます。

(2)その和を9で割ったときの余りを求めます。

(3)この余りを式の通りに計算して、答えが一致しないときはその計算は間違っています。



ということでした。


ちょっと面倒なのが、9で割って余りを出すってところですね。桁数が大きくなると大変ですし、検算に割り算が必要というのも避けたいです。これ、簡単にならないでしょうか?

実は、各位の和を求めたときに【一桁になるまで各位を足す】という簡便法があります。実用的にはこれが一番簡単だと思います。

こうすると、答えは必ず9以下の数字になりますから(2)の「9で割ったときの余り」は、そのままこの数字を使えばいいのです。なお、答えが9のときは余り0にしましょう。


例えば、5307という数字ならば、

(1)各位の和を求めます。5+3+0+7=15です。

(2)まだ一桁ではないので、さらに各桁の足し算をして1+5=6とします。

こうすれば、15を9で割った余り6と同じ計算ができます。以下、この方法でご説明をしていきます。では、練習問題です。


練習問題(1)

次の計算にミスはないか?

40932+81728=122660


それでは、九去法で間違いがないかを検討してみます。まず40932ですが、各位の和は18。二桁なのでさらに各位を足して9。よって、9で割った余りはとなります。

次に81728です。同じように計算すると、各位の和は26。さらに各位を足すと8。余りはとなります。

最後に122660も同様に計算すると余りとなりますから、0+8=8となり、上記の計算は「間違っているとはいえない」ことがわかります。


九去法、今回はちょっとしたコツも含めて足し算の練習問題をお届けしました。次回はステップアップして、掛け算について解説を致しましょう。

次の記事はこちら⇒ 【九去法】の練習問題(2)



【中学受験(塾・指導・勉強法)】のブログランキングはこちら!

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト