FC2ブログ
中学受験に出た(出そうな)国語の「難しい言葉」をご紹介。これで中学受験難語対策はバッチリ。語彙力をつけて志望校に合格しましょう! また、中学受験のお役立ち情報もご提供しています。執筆はプロ家庭教師アカデミア21。

2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

普連土学園中平成22年一次入学試験国語大問二の問題は、まはら三桃さんの『たまごを持つように』からの出題でした。また、今年の実践女子学園中二月四日入試国語大問一、明治大学中野八王子中第二回入試国語大問一も同じ出典からの出題でした。

まはら三桃(みと)さんは、『カラフルな闇』で第46回講談社児童文学賞佳作受賞作品を受賞された作家の方。『たまごを持つように』は、弓道に打ち込む中学生達を描いた小説です。題名は、「弓は卵を持つように弓を握らなければならない」という教えからきています。

(内容紹介)
自信が持てず臆病で不器用な初心者、早弥。ターゲットパニックに陥った天才肌、実良。黒人の父をもち武士道を愛する少年、春。たまごを持つように、弓を握り、心を通わせていく、中学弓道部の男女三人。こわれやすい心が、ぶつかりあう。



↓ぜひぜひ、応援をよろしくお願い致します。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

普連土学園中22年国語の出典(1)⇒『仲直りの心理学』はこちら。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する