FC2ブログ
中学受験に出た(出そうな)国語の「難しい言葉」をご紹介。これで中学受験難語対策はバッチリ。語彙力をつけて志望校に合格しましょう! また、中学受験のお役立ち情報もご提供しています。執筆はプロ家庭教師アカデミア21。

2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

成城学園中平成22年第一回入学試験国語の大問二の問題は、小関智弘さんの『道具にヒミツあり』からの出題でした。

岩波ジュニア新書の一冊。著者の小関智弘さんは、50年以上もの間町工場で旋盤工として働かれ、その後数々の著作をされている異色の経歴の方。特に『町工場・スーパーなものづくり』『ものづくりに生きる』が有名で、昨年は桐光学園で、一昨年は東邦大東邦でと、各校でよく出題されています

(内容紹介)
ボールペンに消しゴム、メガネにファスナー、ケータイに自転車。なじみの道具たちが安心して使えるのは、つくる人たちの工夫がこめられているからだ。旋盤工だった小関さんが、つくった人からポイントを聞いたり、調べたりして、ヒミツを教えてくれる。道具とつくる人たちの素顔が見え、「こんなに工夫があったんだ!」と感心させられるぞ。



↓ブログランキング参加中! 応援をよろしくお願い致します。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

成城学園中22年国語の出典(1)⇒『きのう、火星に行った。』はこちら。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する