FC2ブログ
中学受験に出た(出そうな)国語の「難しい言葉」をご紹介。これで中学受験難語対策はバッチリ。語彙力をつけて志望校に合格しましょう! また、中学受験のお役立ち情報もご提供しています。執筆はプロ家庭教師アカデミア21。

2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

国旗

祝日になると、よく生徒に聞きます。

今日は何の日?

彼(彼女)答えて曰く、

「今日は学校が休みの日!」

・・・まぁそれはそうなんですけど(^o^;)・・・



今日は「文化の日」です。例えば成人の日のように「1月第2月曜日」という定め方ではなく、「11月3日」指定の、国民の祝日です。

ではなぜ11月3日なのか?

社会科で習いましたね? この日が祝日になったは1948年です。その2年前1946年11月3日に日本国憲法が公布されました。これを記念して11月3日が「文化の日」となったのです。

ではなぜ11月3日に公布されたのか?

もちろん憲法作成の事務的な進み具合によるものが大きかったのでしょうが、偶然にも(?)この日は明治天皇の誕生日なのです。

公布日と明治天皇の誕生日が一緒の日になったのは、直接関係はない・・・

ということにはなっていますが、当然意識はされていたでしょう。


実際、「文化の日」になる前は「明治節」または明治時代には「天長節」(=天皇誕生日)として、もともとお祝いをする日だったのです。

また、この日を「憲法記念日」としようとした動きがあったものの、GHQに拒否されたという経緯もあったようです。



今日は文化の日ということで、各地で文化にまつわる行事が行われます。各種文化施設では無料開放となったりしますし、文化勲章の授与式もこの日に行われます。


また、この日は「晴れの特異日」としても知られます。

「特異日」というのは気象用語で、理由は分からない(もしくは、無い)が、なぜか特定の気象状態になることが多い日、という意味です。この日は、なぜが晴れることが多いのです。あなたの地域の今日の天気はいかがでしょうか? 私のところは・・・やっぱり晴れてます!


【中学受験(塾・指導・勉強法)】のブログランキングはこちら!

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト