FC2ブログ
中学受験に出た(出そうな)国語の「難しい言葉」をご紹介。これで中学受験難語対策はバッチリ。語彙力をつけて志望校に合格しましょう! また、中学受験のお役立ち情報もご提供しています。執筆はプロ家庭教師アカデミア21。
中学校によって、試験中持込が出来る物が異なります。


ある学校では、

「机上にはえんぴつと消しゴムしかおかないこと。」

となっていますが、ある学校では、

「定規とコンパスを持参すること。」

となっていたりします。


コンパスの持込が出来ない学校の場合、上手に円を描くことができません。

図形問題を解く時など、きれいな円を描きたいこと、ありますよね。

そこで、【コンパスを使わないで円を描く】方法をお教えしましょう!



まず、鉛筆を2本用意します。

写真のように、2本を上下逆にして、お箸のように持ちます。

円の中心となる場所に、削っていない方を下にした鉛筆を当てます。

お箸を開くように、指の開きで2本の鉛筆の角度を調整して円の大きさを決め

en1

紙を】一周させます。(手は動かさない

en2

ハイ、うまく円が描けましたね!パチパチ


もし中心部分の鉛筆が動いてしまうようなら、とがっている方を下にしてもOKです(必要なら鉛筆跡を消しゴムで消して下さい)。また、シャープペンシルの場合は、円の中心に使う方も、とがっている部分を紙に当てて下さい。(芯を引っ込めて)

このテクニックをマスターすれば、コンパス持ち込み不可の学校でもきれいな円が描けます。ちょっとしたコツがいるので、事前に練習をしておいて下さいね。

(参考リンク)
★定規を使わないで★直線を引く方法


【中学受験(塾・指導・勉強法)】のブログランキングはこちら!

ブログパーツ
スポンサーサイト



中学校によって、試験中持込が出来る物が異なります。


ある学校では、

「机上にはえんぴつと消しゴムしか置かないこと。」

となっていますが、ある学校では、

「定規とコンパスを持参すること。」

となっていたりします。


定規の持込が出来ない学校の場合、フリーハンドで直線を引くことしかできなくなります。


グラフに書き込みをしたり、線分図をうまく描くことができなくなりそうですね。

そこで、ちょっとしたテクニックをお教えしましょう。



その方法とは、

鉛筆の軸をガイドに、直線を引く

というものです。


鉛筆を定規代わりに使うということですね。


ただ、普通の六角形のえんぴつだと紙に当たる場所が見にくいので使いにくいです。ましてや、シャープペンシルだともう使い物になりません


そこで、あらかじめ

四角形または三角形の軸の鉛筆を用意

しておきましょう。


「鉛筆」ですので、試験場への持ち込みは問題ありません!

線を引くためですから1本だけでいいです。筆箱に入れておいて下さい。

大きな文房具店だと、このような鉛筆が売られています。別に高価なものでもないので、入試に備えて購入しておくと良いでしょう。



役立つブログがいっぱい!⇒にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へFC2ブログランキング

ブログパーツ