FC2ブログ
中学受験に出た(出そうな)国語の「難しい言葉」をご紹介。これで中学受験難語対策はバッチリ。語彙力をつけて志望校に合格しましょう! また、中学受験のお役立ち情報もご提供しています。執筆はプロ家庭教師アカデミア21。
昭和女子大学附属中平成22年入学考査A日程国語大問二の問題は、上野哲也さんの『ニライカナイの空で』からの出題でした。

同書は、昨年も開智+国府台女子+十文字21年国語の問題としてご紹介しました。お読みいただいた方は「ニライカナイ」の意味もわかりますね?! この作品は、毎年のように出題される頻出本です。「青い鳥文庫」の一冊ですので、あなたもチェックしておきましょう。

(内容紹介)
少年は見たこともない子どもたちと出会い、見たこともない青い海を見た!主人公・立花新一はただひとり東京をはなれ、父の友人、野上源一郎の家に身をよせる。はじめはおそろしく感じた炭坑町での暮らしが、しだいに主人公の心のなかですがたをかえてゆく…。とびきりの名作が青い鳥文庫に登場です。第16回坪田譲治文学賞受賞作!小学上級から。



↓ブログランキングに参加しています。応援をよろしくお願い致します。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト



明朝6時44分、金星探査機「あかつき」や小型ソーラー電力セイル実証機「イカロス」を載せたH-IIAロケット17号機が打ち上げられます。来年度入試の理科時事問題として必出のイベントです。ぜひ、チェックしておいてください。

【あかつき】は金星の大気を観測する金星探査機です。「宵の明星」「明けの明星」で親しまれる金星。英語ではビーナス(美の神)と呼ばれる美しい星ですが、実態は硫酸の大気につつまれ、時速300km以上の暴風と400度以上の地表温度をもつ「地獄のような」星です。地球と軌道が近く、同じ位の大きさの星なのに、なぜこうも違うのか?あかつきは、そのナゾに迫ります。
金星の風の謎に挑む、世界初の惑星気象衛星

【イカロス】は太陽光をうけて飛行する実験宇宙船。髪の毛よりも薄い「帆」を広げ、太陽光を動力源として飛行します。
太陽の光を受けて航行する宇宙ヨット

JAXAでは、18日朝6時15分から打ち上げの模様をライブ中継します。ちょっと早起きして感動の瞬間を目撃しましょう!
あかつき特設サイト

↓ブログランキング参加中です。よろしかったら、ご投票をお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(問題)
次の語句の意味は?   「あどけない」(聖光学院改)



(解答)
むじゃきな

(用例)
あの頃は、まだあどけない少女だった。

(解説)
無心で、かわいい様です。「あどけない表情」「あどけない寝顔」など、純粋でかわいらしい様子を示します。

↓お役立ち情報満載です。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へFC2ブログランキング